雨漏りしやすい屋上は防水層にトップコートを使用

定期的に補修し雨漏り防止

作業者

RC構造と呼ばれる建物の多くは屋上が存在します。そこには防水工事が必要になります。昔からのシート防水や特殊な塗装を施す塗膜防水工事があります。一般住宅には塗膜工事が向いていて、定期的にコーキングなどの補修をしていると、全面改修工事までの期間を延ばすことも可能になり、費用の削減につながります。

もっと見る

雨水が入ることを防止

ワーカー

トップコートの塗り直し

ベランダは屋根の下にあることが多いですが、屋内と異なり雨水を直接浴びます。そのため雨水による劣化を防ぐために、ベランダにはほとんどの場合、防水加工が施されています。具体的には、下地が雨水を通さない素材で作られた防水層となっています。そしてその上に、トップコートと呼ばれる撥水性のある塗料が塗ってあるのです。つまりベランダは、二重の防水構造となっているわけです。しかし防水層は硬いので、簡単には壊れることはありませんが、トップコートに関しては塗料ですから柔らかく、徐々に劣化していきます。するとひび割れが生じ、そこから雨水が入っていくことになります。すると防水層も劣化しやすくなるため、多くの建物でトップコートの定期的な塗り直しがおこなわれています。これにより防水層がしっかりと守られれば、雨漏りの発生も防げるのです。

トップコートの素材

ベランダのトップコートの多くは、ポリエステル系の塗料となっています。これには、雨水を弾くだけでなく、硬い分衝撃にも強いという特徴があるのです。ところがポリエステル系の塗料は、硬いからこそ伸縮しにくく、乾燥した日や暑い日が続くことでひび割れやすくなります。そのため昨今では、トップコートに伸縮性のあるウレタン系の塗料を使用する人も増えてきています。伸縮性があるということは、乾燥や熱によって縮んでも、ひび割れが生じにくいということです。その分長持ちしやすいことから、需要が高まっているのです。もちろんどちらの場合も、年月が経過していくにつれて劣化していきます。そのためベランダのトップコートの塗り直しは、一般的には5〜10年に1回のペースでおこなわれています。

おすすめサイト

  • 雨漏り修理なび

    自分の条件にぴったりな雨漏り修理業者がきっと見つかるはず。まずはこちらに相談をしてみるといいかもしれません!
  • 防水工事の株式会社ミツケン

    防水工事なら大阪で安心の申し込みができるところを確かめておくといいでしょう。興味があるなら必見です。

住宅のトラブルと改善方法

男性

雨漏りは、住宅の屋根や外壁に起こってくる場合があります。原因はほとんどが経年劣化によるもので、それに合わせて修理をしていかなければいけません。雨漏りの修理は専門業者が行ってくれるため、これによって丈夫で快適な住宅環境が続くようになります。

もっと見る

建物を守る取り組み

レディ

建物の長持ちは防水工事が必須となるため、放置を避けるようにしましょう。技術力が高いといわれる大阪の業者ですが、料金ばかりで比較せず、内容にも注目するべきです。防水工事には多彩な工法があり、的確な選出も業者の技術力によるものです。サイトで事業内容を案内しているため比較が容易です。

もっと見る